抗うつ剤を利用してうつ病の症状を緩和させる

うつ病の治療薬

作用によって医師が使い分けてくれます

抗うつ剤は、本当に色々な作用の物があり、医師が症状に合わせて処方しており、効き方もその薬によりかなり違ってきます。 中でも一番歴史が古いと言えば、三環系抗うつ剤ですが、これは作用が強く副作用も強い薬となります。 実際にこの薬は、かなりの頻度で使われており、副作用としては、口渇・尿閉・めまいなどが多く出ます。 薬価的には結構安い物も多く負担は少なくてすみます。 三環系が強すぎる為に、開発されたのが四環系抗うつ剤でしたが、効き目が少し弱い為に、副作用が少なくてもあまり使われる事がありませんでした。 かなり眠気を誘う薬で、短時間で効き目を発現するようには開発されていました。 薬価的には少し高目でした。他にもかなり色々な効き目の薬があります。

これからも開発され続ける

昔、抗うつ剤の第一選択薬としては、ドグマチールが一番有名で使われていましたが、副作用でパーキンソン症状がでたり、錐体外路障害がでたりするので、最近は、他の薬が効かない時などに用いられるぐらいしかありません。 即効性があり、使い勝手はすごく良いお薬でした。 現在では、セロトニンを選択的に増やす、SSRIという抗うつ剤が開発されており、効果と副作用のバランスが凄く良いので、第一選択薬として使われています。 ただ金額的には高い物も多いです。 他にも意欲低下の時に飲むと良いとされている、ノルアドレナリン再取り込み阻害薬や、効果は強めだが副作用も多く、眠気と体重増加に注意しないといけない、セロトニン・ノルアドレナリンの分泌を促進する薬なども開発されています。

ページのトップへ戻る