抗うつ剤を利用してうつ病の症状を緩和させる

上手く利用する

抗うつ剤をお得に利用する方法や快適に利用する方法

抗うつ剤とは抑うつ状態を改善するお薬です。セルシン、デパス、ドグマチール、パキシル、ルボックスなど、抗うつ剤、SSRI、SNRI、睡眠薬など色々な種類があり、一部は離脱作用など起こすものもあります。 長年服用してきた抗うつ剤を止める時に、脳がびっくりして起こすのが離脱作用です。ですので服用する際も止める際も医師の指導のもときっちりと服用しましょう。 精神科へ通院すると精神療養費と言うものが適応され、普通の診察よりも診療費や抗うつ剤などの薬の処方費用が高くなります。 ですので長く通院し治療を続けて行く場合は、通院医療費公費負担制度などを利用するために、かかりつけ医に証明をしてもらうと良いでしょう。 こちらの制度を使えば休職中や休養中でも、ゆっくりと治療を続けることが出来ます。

平均的な価格とはいくらぐらいでしょう

抗うつ剤はうつの症状を軽減するためのものですが、飲めばすぐに効果があるものではないので、長期の服用になります。 一種類の抗うつ剤を処方されると言うことは少ないので、やはり3割負担でも一月に1500円くらいから種類が増えて行くと高くなっていきます。 また抗うつ剤にも三環系、四環系、SSRI、SNRI、MAO阻害薬などありますし、三環系や四環系は古くから使われている抗うつ剤は効き目も強いですが副作用も強い傾向にあるので、最近は軽い効き目で副作用も弱いSSRIやSNRIが使われているようです。 服用すればすぐに効果が出る薬はないので、数週間は継続的に服用となります。 新しい抗うつ剤になるとまだ価格の方は高めとなっていますが、長期に服用する場合は副作用が少ない抗うつ剤の方が安全だと言えるでしょう。

ページのトップへ戻る